ドタバタ育児と節約献立日誌

主に年子姉弟の育児の様子と日々の節約献立、買い物レビューなどをつづっています。

カテゴリ:育児 > 2歳4か月 6ヶ月

行ってきました健康診断!
バリウムまずかった 泣

それより2歳児と0歳児をつれての健康診断なかなか大変でした。
看護婦さんが見かねて抱っこしてくれていたのですが
旦那と看護婦さんと交代で抱っこして、
しかも私としたことがおむつを忘れるという痛恨のミス!!!!
りっくはうんちしてぐずぐず(ご、ごめんよ、、、)
ほんとかわいそうでした、、、


みぃは人見知りしまくりでずっと私のそばにいました。
なんとかすべて終えて
インフルエンザの予防接種もついでにすませて帰ってきたらもう夕方の4時半!!!
買い物もいってないしごはんも作れず、
久々の出前 
みぃと2人でガストを堪能しました 


2人ともやっと寝かせて今きづいたけど、
りっくの離乳食わすれてたーーーーー!!!(*_*;
あたし、なんかダメですね、
おむつ忘れるし、
ごはん出前だし
離乳食忘れるし、、




献立記事しばらく書いてないし、、、
ってかごはん4日間作ってないし!!!
そしてついでに言うなら
明日はママ友宅でハロウィンパーティーのため 明日もご飯作らないし!!!
私最近洗濯しかしてませんが、、、
あさってからまたちゃんとやらないとね、
そりゃみぃの偏食もなおりませんよねーーー


そういえば2,3日前からりっくにおすわりの兆候がでてきました。
ハイハイはこないだ手を前に出せてからあまり進展はないのですが
おすわりは腹ばいの状態から体を持ち上げて
お姉さん座り?っていうのかな?
ほぼほぼ座れてる状態まで 自分でもっていきます
ハイローチェアにもまぁまぁ座れているのでだいぶお座りが安定してきました。



で、お座りの基準て何?
どうなったらお座りできたっていうんだろ??
と思って調べてみました(みぃのときも調べた気がするけど忘れた、、、)
こちらのブログ記事→によると
厚生労働省の乳幼児の調査に定義の基準が記載されているようで、
おすわりは両手を床につけず、おおむね1分以上問題なくすわっていられる
だそうです。

あれ????
できてなかったっけ????
ちょっと明日確認してできていたら明日をお座り記念日にします!
確か今日お座りして両手でおもちゃ持って遊んでたと思うんだけど、、、



ちなみにハイハイは
這って移動できる、おなかを地面にすっていてもいい

ってなっているんですが、ずり這いでもいいってことですかね??
移動したらもうハイハイなんですかね?
それならとっくにできてるんですが、、、


難しいですね、定義って。
この基準でいけばハイハイはできていることになるようですが
人にハイハイできるかって聞かれたら
まだできませんーって答えるわ
一応ハイハイ記念日はまだ先にしておこう、
おすわりは明日確認してみよ!
お座りの定義がわかってなんかすっきり! 






 

いつも夜寝るときは授乳してそのまま寝るんですが
今日はめずらしく授乳でねつかず
(たぶん授乳の間隔があまり開いていなかったのでおなかすいてなかったんですね)
抱っこしたり遊んでもなんだかご機嫌ななめ
時間的にも眠たそうだったので
明日の朝ごはんの仕込みをしながら
抱っこひもでおんぶしてたら
気付いたら寝てました!!!



初のおんぶ寝!
その後ベッドにおいても起きず、
はじめて授乳以外で寝ることができました。
まだ先の話ですが
卒乳or断乳にむけて
夜の授乳を先にやめたい派なんです。
みぃのときも昼より先に夜の授乳をやめたんですよね。


なんの根拠もありませんが、
おっぱいで寝るのって癖になったらやめるの大変かなー?
なんて思って。。
どうせやめていくなら夜からにしようと。。。
みぃは割と自然になくなったんで苦労しなかったのですが
りっくはどうなんでしょうね???
まだまだがっつり授乳してますので
今夜の授乳をやめるなんて考えてはいませんが
授乳に頼らなくても寝付くことができるにこしたことはないので今日のおんぶ寝はうれしかったです。



そうそうエルゴのおんぶも体がしっかりしてきたので
だいぶ安定してきました。
あと2人目にしてはじめて立ったままおんぶする方法


これマスターしました!
最初はこんなん絶対無理!
って思ってたけど
なんかコツをつかんだらむしろこのほうが楽です!
外出先でもどこでもできるし
今ではこればっかです!

本日2記事目の更新です
本日更新の記事はこちら
  シンガポールチキンライスの献立  

記録を見てみると8月5日のブログ記事で
おしりをあげてずり這いのようなことはじめたと書かれていました、
それから2か月以上、
ずっと四つん這いでふんふん揺れたり
イモムシのような変な移動を続けていたのですが
昨日2回ほど四つん這いから手を前にだしているところを目撃しました!




もしかしたら今までも少しやっていたのかもしれませんが。
本人はなんだか満足げでしたね
ハイハイの予兆でしょうか???
うーん、動き出したら大変だーーー!
でも私が一番長くしてほしいのは
つかまり立ちや伝い歩きよりもハイハイ!
たーくさんハイハイをしてほしいのでハイハイはできるようになってくれるとうれしいな!




そういえば
みぃもりっくもずりばいをしないなぁ。
りっくの移動もずりばいって感じでもないし、
典型的なずりばいをうちの子たちはしていません。
してもしなくてもどちらでもいいけど
2人そろってしないなんて偶然ですかねぇ




最近はさらにおもちゃに興味をしめしていて
部屋に散らばっているみぃのおもちゃをとりに行ってはなめなめ
気付くとびちょびちょでーす(;´Д`)
少し高いところにも頑張って手を伸ばしていますね。
好奇心は旺盛なようです



いつもお出かけ時にもっていく定番のおもちゃは
オーボールとガラガラです
オーボールはこちらのタイプ

オーボール ラトル オレンジ 81119

新品価格
¥933から
(2015/10/24 23:40時点)


ピーズがシャンシャン音が鳴るのと
細くて持ちやすいのがポイントです


我が家はなぜか音のなるおもちゃが多いです。
私が気付くと音のなるおもちゃを買っているんでしょうね
だからみぃが歌好きになったのでしょうかね





本日2記事目の更新です。
今日更新の記事はこちら
 反省


書くの忘れていましたが
2日前りっくマグデビューしました
使用マグはピジョンのコレ

ピジョン マグマグストロー 8ヵ月頃から

新品価格
¥973から
(2015/10/23 00:31時点)


ストロータイプは8ヶ月からとなっていますが
早めにストローに慣らしたかったのではじめました。
口に入れてあげると吸っていました!
ちゃんとストローに白湯があがってきていました。
ただ飲めていたかは微妙なところですね
多少飲んだかな???くらいです。

そして昨日は麦茶デビュー!
これもちょっと飲んだかな?くらい。
毎日ちょこっとづつ与えてみようかなという感じです。
マグが使えるといざというときに水分補給できるので便利なんですよねー
特にみぃの外遊び中!


みぃはストローは8ヶ月くらいだったかな???
そしてマグを卒業したのが1歳10ヶ月。
おもえばもっとはやくに卒業できた気もしますが。。
ストロー洗うのめんどくさいから早めにコップ飲みに移行したいんですよね
りっくは早めにコップのみの練習を始めようと思っています。


我が家で使用しているマグは4種類で
先ほど紹介したピジョンのものと
もう一つもピジョンのコレ

ピジョン ぷちストローボトル トロピカルイエロー 150mL

新品価格
¥571から
(2015/10/23 00:46時点)


とコレ

ピジョン ストローボトル Tall トール 容量330ml ブルー

新品価格
¥765から
(2015/10/23 00:46時点)


ここまでオールピジョン!

そして最後はサーモスの真空断熱マグ!

サーモス 真空断熱ベビーストローマグ FFH-290ST ブルー

新品価格
¥2,300から
(2015/10/23 00:47時点)

これは今でもたまにお散歩のときに使ったりしますが
基本はコップ飲みです。


一番使ったのは
2番目のピジョンのコレかな。

ピジョン ぷちストローボトル トロピカルイエロー 150mL

新品価格
¥571から
(2015/10/23 00:47時点)

色違いで2種類持っていて1年半ほど
毎日使用していました!
かなり使用感ありです!


りっくはどうなるかなぁ???

気を付けてはいたんですが
ここ2,3日、またみぃを怒鳴ることが多くなっていました。
私の気持ちに余裕がなくなるとすぐこうなる。、、、
こういう時は一度落ち着いて反省。。
こうやってブログに書くことによって気持ちを切り替えられる気がするんですよね。


そんなときに見つけたこちらのページ


すごくためになりました。

その中の1つに
「しなさい」「してはいけません」
より
「嬉しい」「悲しい」
で表現する。
というのがあったのですが
これは普段から実践していたのですが
全然わかってくれないので最近言わなくなっていたんですよね、
でも言い続けようとおもいました。


最近みぃが私に怒られると
「寂しいーー」と言って甘えてきます。
おそらく「みぃが○○してくれないとママ悲しい」とか言ってるのでその影響なのかな??


「まだ分かっていない」
という子供をわかってあげる。

そうなんですよね、頭ではわかっちゃいるんですけどね、、
もっと意識しなきゃ。
反省

↑このページのトップヘ